「1人で抱え込まないで誰かに話す」ことが簡単にできずに悩むとき

「1人で抱え込まないで」

この言葉を使うのって意外と難しいなって思いました。本当にどうにもならないくらいに辛い悩みを抱えている相手に対して、この言葉にどれくらいの力があるんだろうか。

簡単に言えないようなことだから苦しい。辛いから楽になりたい、でも言えない、解決できない、でも救われたい。苦しんでる人ってそうゆう葛藤の中にいるんだと思うから。

打ち明けたことによって辛さが増すことも

私自身、深い辛さを誰かに打ち明けたことによって救われた、という経験を実はあまりしたことがない。そして逆に、これを伝えて誰かの心をすくい上げることができたと実感できたことも無かったように思うんです。

辛くて辛くて打ち明けるときって、ギリギリの状態になっている。心が悲鳴を上げている状態だから、打ち明けた側はつい必死に救いを求めがちになる。余裕がない状態であれば誰だって、「1人で抱え込まないで」と声をかけてくれた相手の優しさに気づけなかったりするものです。それか場合によっては、相談してしまったことによって相手を困らせることがわかってるから、困らせる前に途中で切り上げようとしたりして。ありがとう、頑張ってみるよ!なんて無理して笑ったりね。

また打ち明けられた側は、もちろん何か力になってあげられたらと思うものの、苦しむ人を目の前にして適切な言葉を探し、それを伝えるって簡単ではない。相談内容が同じであっても、それを抱えている人が違えば答えも変わって来るし。なにか言葉をかけたことによって、思いとは反対に傷つけてしまうこともある。

誰に話せばいいかという問題

誰に話せばいいんだろう。。。って難しいですよね。

自分をよく知っている人であれば、知らない人に話すよりも受け止めてくれそうな気もするのですが、関係が近いことによるダメージもあるのです。深刻になりすぎてしまったり、負担をかけすぎてしまったり、気遣って本音が言えなかったり。

逆に自分の事を知らない他人に話すと、気は楽かも知れませんがどこか表面的になりがちです。深く理解をしてもらえたときのような感覚は得にくいのではないかと思います。

心底苦しいときに、それを救うような返答ができる人はかなり希じゃないかなぁと思うのです。

皆必死で生活をしているから。誰もが自分の戦いの最中だから。他人の苦しみに寄り添える余裕ってなかなか持てないものです。私だって、どうしても自分の人生だけで手一杯になってしまう。

自分の辛さを横に置きながら、目の前の相手に優しくするって、強くないとできないと思います。それか既に自分の人生をある程度克服していて、余裕を作れる場合とか、そうじゃなきゃ人の辛さにはなかなか寄り添えないです。

ネガティブを前にして、それを溶かせることができる人がいるとしたら、とても素敵な力だと思います。

 

軽いノリで喋ってみたら?

崖っぷちに立つくらいに深刻に悩む前に話せば?、というアイディアもありますが、今日の晩ご飯何にする?くらいのノリで人に話せるような内容でもないからこそ悩むわけです。そんなノリでヘビーな悩みを打ち明けられた側はきっと対応に困り、場合によっては引いてしまうだろうと予測できてしまう。

例えば仕事のアイディアが尽きて困ってるとか、作品の客観的意見が聞きたいとか、そうゆう内容ならば私も普通に周りに相談しますし、有り難いことに閃きを与えてくれたりすることもあるのです。具体的なアドバイスに結びつきやすい相談内容だから良いのだと思います。

でもね、抱えこむような悩みというハートの面に関わる問題だとね難しい。

心が悲鳴をあげるとき、解決策は求めてない

悩みを打ち明けるときって、案外解決策とか求めてないんですよね。解決策が見つかればそれに越したことはないですが、人生のハードルって、実は自分で乗り越え方を見つけることが大切だったりする。他人が手取り足取り教えていたら、それはその人の人生横取りみたいになっちゃうからです。

だからね、多分悩んで苦しんでる人の本音は、辛いってことをただ聞いてほしくて、そんな自分を受け止めてほしいってことだと思うんです。

私もただ「しんどいよね。」って近くにいてくれたら、あとはほっといても2.3日すればまた自分でなんとか取り組みはじめたりする。

でもね。

ただ聞くって、結構難しいです。

あなたと向き合っているよ、と伝わるような対応が大切になるし、かといって相手のテリトリーに深く入り込み過ぎてもいけない。

1人で抱え込んでもいっか

私は1人で抱え込んでもいい場合もあると思ってます。打ち明けられない悩み=だれにも侵されない自分だけのスペース。考え方によっては心地よいとも思える。(自分しか知らないことがあるなんてロマンチックだ、なんて思うのは私だけ?)触れられたくない苦しみの1つや2つ、胸の中の宝箱にでもしまっておくのもありなのです。

それかもし他人に言うなら深く語らず「辛い・・・」とか「なんかしんどい」くらいの言葉に留めておけば軽くていいかも。相手もそれくらいだと「どしたー、元気出してー」くらいに軽く気にかけてくれたりね。辛いってことだけでも吐き出せるのと、ずっと頑張り続けないといけないのでは全然違う。紙に書くとかもいいよね。(私は行き詰るとひたすら文字を書く。)

とにかく何かしら体外に放出できると、いくらかはストレス緩和されます。出し切れなかった残りはキラキラの装飾でも加えて胸の内に保管です。

心が落ち着いてる間に解決策拾い

問題の具体的な解決策は誰かに相談するよりも、日頃からアンテナを張っていろんな話を聞いているほうが、私は情報入手できます。自分の場合はそうゆうのを拾い集めて少しずつ攻略しています。何気ない会話からヒントを得たり、誰かの在り方を参考にしていいとこどりしながら自分なりに組み立てていくんです。

苦しいときに、楽になる方法は、色々あります。打ち明けるだけが全てじゃないです。もちろん話して楽になれるものもあると思いますが、誰にも話せないという思いだけずっと抱えてると、さらに自分を孤独にしていくから。

独りを必要以上に怖がらない

悩みを打ち明ける環境が無いことを苦に思うくらいなら、他の癒し方や攻略法を見出すのもひとつの手段だと思います。

この世の中は案外、そうやって1人心の内で戦いながら一生懸命に生きてる人だらけなんです。

思春期の頃だと、友人と悩みを共有したことこそ友情の証のように思えたりしますが、それを通り過ぎた大人たちは、案外孤独でいながらそれも良しとして過ごしてるんじゃないかな。

その究極がおばあちゃんです。おばあちゃん見てるとね、本当に人の在り方というか、本質を見せられるんです。孤独の中にいて、でも自分の気持ちをちゃんと扱ってて、周りに優しくいてすごいなぁって。

 

関連記事 : これからはもっとよくなるわよね

だからね、1人でいいんだなと私は思います。もちろん分かち合えるものは人と共有すればいい。一人で笑うより、みんなで分かち合って笑った方が楽しいです。

でも孤独を抱えていたってそれはそれでいい。分かち合えない部分というのは、他と共感できない部分。つまり個性とも言えるのだし。

悩みをわかち合わなくても支えられている

先程書いた私流の解決策探しで、みんなの会話からこぼれ落ちるヒントをかき集めながら人生を攻略しているとしたら、それはある意味で私はみんなに支えられているということにもなります。

けして口に出して相談していなくても、たった1人で抱えているわけではないのかもしれません。

他人の苦しみに無力なわたし

自分の内面に対しては、考え方をまとめたり方向転換を自分の意思でできますが、人の苦しみに対して、自分はつくづく無力だなって思います。

どんなに元気になってほしくても他人の人生は救えない。それどころか救おうとすればするほど、なんだか苦しめているような気さえしてきます。いきつくところ、結局は幸せを願うぐらいしかできないのかな。と思ったりします。

それと最後に・・・

「一人で抱え込まないで」って、そんな言葉を本気でかけてくれた人がいたとしたら、その言葉そのものが、優しさかもしれないです。

打ち明け話を聞いて実際心を救えるわけでも、何が解決するわけでもないかもしれなくても、そう言葉をかけてくれたと自体に愛情が詰まっている。

今日のお仕事

今日は似顔絵のサンプル作成をしました!サークルタイプは出してたんですけど、スクエアタイプ、止めちゃっていたので再開しようかなと。今日描いたサンプルは架空の人物です。

なんかね、この緑ヘアのおじさん?お兄さん?表情がなんとも言えなくて描いていて1人で笑ってしまいました。髪の毛なびいてるよ?お気に入りです。

似顔絵ご希望の方はご連絡下さい。

 

メールでのお問合せ

記入内容を確認しました。(必須)

SNSにお問合せいただく場合はこちら↓

(LINE@の移行に伴いIDが変わりました!改めてご登録いただけると有難いです!)

友だち追加

instagramはこちら