君を悲しませないために。と言う理由で隠す真実

ドラマでよくある、悲しませないためにつく嘘。私はこれが苦手です。

誰かを悲しませないために、自分だけが真実を背負って、嘘をつく。相手を突き放すようなやり方をしてまで、悲しませないために、を貫く。いやいや、嘘つかれてる上に、突き放す時点でめちゃくちゃ傷つけてるじゃないか。

自分がもし、嘘をつかれている側だったら、悲しみくらい感じさせてよ、と思ってしまう。私のこれはけして「あなたの苦しみ半分背負うよ」とかいうキラキラした気持ちではない。なんか甘く見られている気がするから嫌だという理由です。1人で真実を背負う、ということが、どこかナルシストのように見えて仕方ないの。ドラマに酔っているような。

それが例えば事件の片棒を担いでいるんだ!とかいう真実だったら、ぜひ自分だけで背負ってくださいと思います。人の罪は背負えません。

でも病気とか、大切なひとが亡くなったこと、とか、そういう生きていれば誰もがいずれ向き合わなくてはならない事実なら、変に隠されても気分が悪い。

単純に、言いたくないから、という動機なら隠されてもいいかもしれないけど。言いたくないと思ってることをあえて聞きたいとは思わないから。

君を悲しませないために、という理由づけがね、どうしても苦手なのです。

コメントを残す