樹脂粘土で作る雪だるまのチャーム

樹脂粘土で小さな雪だるまのチャームを作ったので、その作り方をご紹介します。

ある寒い冬の日・・・お菓子でも焼いて家族に振舞おう!とひらめいた私。せっかくなので雪だるまグッズを作って飾り付けてみました。

 

作り方は次の動画にまとめたので合わせてご覧ください。実際に作っている過程を撮影したので参考にしていただければと思います。

材料


樹脂粘土

9ピン

パステル

ボンド

ハサミ

絵具(顔を描く用。ペンでも可)


 

使っている粘土はこちら。樹脂粘土のグレイスです。

透明感も少しあり、しなやかな粘土。薄くのばしたり、細かな作業にも向いています。中は2つの袋に小分けされているので、乾燥対策にも良いです。(粘土類は1度でなかなか使い切ることが無く、保管している間に固まってしまうのはよくあること。その点グレイスは個包装になっているのでありがたいです。)

樹脂粘土を分ける

それぞれのパーツに使う分量に樹脂粘土を小分けにします。


1、大中小の3つの大きさに分ける

2、そのうちの一番小さく分けた粘土を更に大中小の3つに分ける


1の大・中のパーツは雪だるまの頭と体。

2のパーツは小物に使います。

粘土に色をつける

形成する前に、小物パーツに色を付けておきます


1、パステルの色を筆に取り、粘度に付けたら混ぜ込みます。


色を付けるのに絵具を使っても良いと思いますが、混ぜているときにぬちゃぬちゃしそうだなぁと思い、今回はパステルを使ってみました。

こちらのパンパステルはちょっと変わった新しいタイプのパステルで 、ファンデーションみたいにケースに入っているんです。スポンジに付けてパフパフして使ったり、絵の具に混ぜたりもできるそう。

 

形成~雪だるま本体~

これはもう、ただ丸めるだけです。手のひらでコロコロしながら丸く形を整えます。

 

形成~小物~

小物を作ります。

 

★雪だるまが帽子にするバケツ

★マフラー

★手袋

この3つのパーツを作ります。

 

バケツを作る

(文章での説明だとわかりにくいので、動画も合わせてご覧ください。)


1、丸めた粘土の端を指でつまみながら回します

2、裏返して同様に指でつまみながら回します


ちょうどアイスのピノみたいな形です!上から見ると丸で、横から見ると台形。

 

マフラーを作る


1、粘度を指先でコロコロ転がしながら細くのばす

2、上から押さえて平らにする


手袋を作る


1、粘度を若干横長の丸い粒にします

2、潰して平らにします(あとで雪だるまに付けたとき、馴染みやすいようになるべく薄くしてください)

3、ハサミを2回入れて、くの字に切込みを入れます(親指のみ分かれている手袋にするため)

4、切込みを入れた部分の両端を指で軽く抑えて角を無くします

5、手袋の親指の付け根辺りを少し抑えて形を整えます


9ピンにパーツを通す

作ったパーツを組み合わせていきます。

まずは9ピンにバケツと頭と体を固定します。


1、9ピンの丸くなっている部分のすぐ下に少量ボンドを塗る

2、バケツをピンに通す(9ピンの丸い部分のすぐ下にくるように差し込みます)

3、バケツを通したすぐ下に、もう一度ボンドを少量付ける

4、頭をピンに通す

5、頭を通したすぐ下に、もう一度ボンドを少量付ける

6、体をピンに通す


マフラーと手袋をつける

こちらは貼るだけです。


1、マフラーは雪だるまの首元にボンドを塗り、巻き付けます。

2、手袋はお腹の部分にボンドを塗り、貼り付けます。


顔を描く

今回はアクリル絵具で顔と雪だるまのお腹のボタンを描きました。描くといっても、ただの点なので、ペンでも構わないと思います!

 

完成です!

あとはリボンなり、キーホルダーの金具なり、用途に合わせてお好きなものを9ピンのフックの部分に通してお使いください。

私はパン屋さんなどのラッピングによく使われている、金色の針金??に通して、ビスケットの袋の口を縛ってみました。

 

画用紙で作る雪だるまのクリップ作り方はこちら