画面越しで触れた、優しい思い

明日から2020年突入ですね。

今年も自分なりに成長できたかな、と思う1年にできて良かったです。

私が描いた絵や、発信してきたことは、この画面の向こう側で見て下さっている方々に、何かを届けれれたのでしょうか。

自己満足のその先に

自分自身が興味があることに没頭して、ただ単に好きなことをして過ごしているだけだから、それだけでも十分幸せです。幸せなんですが、やっぱり自己満足を越えた先に、人との繋がりを求めてしまいます。この画面の向こう側に何かを届けられていたらいいなぁ。なんて。このブログも書いている時は、まるで壁に向かってしゃべっているようなところもあるので、時々リアクションがあると「繋がっていたんだ!!」とそのときはじめて思い出したりします。

最も感謝が湧いてくる瞬間

前にも書いた気がしますが、やっぱりこうして絵を描いたり、創作をしていて私が一番心満たされる瞬間というのは、誰かの思いに触れることができたときです。

たまに、辛いときに作品を見て力をもらった、といったメッセージをいただくことがあって、私にとって、その瞬間が一番といってもいいくらいに、生きていてよかったなと、深く思える時なのです。

誰かの痛みを、わずかかもしれませんが和らげることができたのかもしれない、と思うと、逆に私自身が救われるような気持ちになるんです。この文章を書いている今も涙ぐんできます。

ありがとうなんて言ってくれてありがとうございます。。涙。

辛いときに、時間を割いてあったかいメッセージをくださるって、簡単じゃないですよね。苦しかったら、八つ当たりだってなんだってできるじゃないですか。そういうストレスの発散の仕方を選択することだってできるはずなのに、つらいのに私の励みになるような優しい言葉を届けてくださるなんて、本当になんて有難いのだろう。

1年間の振り返り。そして来年。

1年前はちょうど今頃の季節にイベントの初出店だったのですよね。早いなぁ。前回の年末は正直なところ、燃え尽き症候群のようなやりきった感が満載で、来年どうしよう。。。という不安も強かったです。でもそこからの1年間でまた、地道な積み上げができました。そして今年の年末は比較的気分が軽いです。

面白いのが、特別に外側の状況が良いわけじゃないというところ。状況変わらずなのに、心のどこかにゆとりを持てている気がします。悩みも悩みすぎて飽きてきたのかしら。

来年もきっと素敵なことがたくさんあって、もちろん、なかなか思うように進めないこともあるんだと思うけど、どの瞬間も楽しんで過ごしたいと思います。そして、そんな暮らしの中で作り出した自分の作品や発信しているものが、画面の向こう側にも何かを届けたら嬉しいな。

自分1年間、サイトを訪問してくださった方々、作品を見て下さった方々、SNSで繋がってくださった方々、パワーをくださりありがとうございました。

来年も、もっと成長していけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。