生きているだけで迷惑をかけてしまうのです。

誰も間違っていない。みんな間違っている。みんなそのままでいい。みんな変わることを諦めてはいけない。命に正しいも間違いもない。

心を無くした人たちが優しい人へ向けてこの言葉を使う。自分のためだけに。ゾンビみたいに。

本当は全てを包む言葉。それさえも武器になる。でも無くしてはいけない。

人を傷つけずに生きるのは難しい。自分がいるから。命があるから。責任を持って、わたしという立場を生きなくてはならないから。立場を無にすることはできない。

だからこそ謙虚でいなければいけないと思います。

はぁ。なんとまとまりのない言葉。でも私の今の思考なのです。

伝えて意味のある言葉とは何なのか。そういうことを考えると、自分の全ての言葉が間違えているように思えてしまう。私に語りたいことなんてあるのでしょうか。

私の言葉でないものを語りたいと意味なわからないことまで思ってしまう。

心のどこかに、秘密の本が1冊あって、そこにはたくさんの大切な言葉が綴られていて、でもそれは私の言葉ではなくて、そんな本がもしもあったら、そこから私は言葉を選んで、毎日1行、ここに書きたいです。

私の言葉だけど、私の言葉ではない。