カラーインク

鮮やかな色彩表現のできるカラーインク。
ボトル入りのデザインも可愛い。カラーインクは、お絵かきだけではなく
文字を書くことにも使えるので
絵が苦手な方も
楽しめる画材だと思います。

 

カラーインクとは??

カラーインクは

とっても鮮やかで

発色の良いインクです。

 

サラサラとした液体状のインクで、

ボトルに入って売られています。

 

水彩画のように、

にじみを楽しむこともできる画材です。

使い方

カラーインクを使って絵を描く場合は

インクを少しと、

お水を少し、合わせて

好みの濃さに溶いて使います。

(もちろんインクだけでもOKです。その場合は鮮やかな濃い色が出ます)

溶く、といっても、カラーインクは

絵の具に比べサラッとしているので、

すぐにお水に馴染んでいきます。

水彩絵具のように、

色を混ぜたり、画面の上に異なる色を垂らして

滲ませたり、様々な表現ができるんです。

カラーインクのにじみ

カラーインクはにじみが美しい!

(後で詳しく書きますが、カラーインクには透明タイプのインクと、不透明タイプのインクがありまして、より美しいにじみを楽しむ場合は透明タイプのインクがお勧め。)

水彩絵具のように、

綺麗にグラデーションになるのはもちろんです。

(種類にもよりますが、むしろ水彩絵具よりも鮮やかかもしれません。)

 

カラーインクの面白いところは、

色によっては

にじむインクの色が分離して

違う色が出てくるんです。

 

すごく楽しいですよ。

 

青いインクを

にじませたはずなのに、

なんと、

だんだんピンク色が現れてきたり‼

 

塩をかける

水彩画でもよく使う技法ですが

インクが乾く前に、色を塗った部分へ

塩をパラパラっと散らしておくと

美しい模様がつきます。

 

塩のついた部分はインクが吸収されるので、

にじんだ水玉のような表現が

できるんです。

塩は、インクがしっかり乾いてから

払いましょう。

焦って早まると、塩が吸ったインクの部分が

乾いていなくて、作品が台無しになってしまうので注意です‼

 

カラーインクの種類

一口にカラーインクと言っても

メーカーによって

色や、使い心地も様々。

 

透明フィルムのような

クリアな鮮やかさのあるカラーインク

少しとろみのある

マットな色合いのカラーインク

水性だったり、乾くと耐水性になるものだったり。

ドクターマーチンラディアントはサラサラしたクリアなインク。発色が鮮やかです。