基本の丸い形から七変化!動物イラストを描く

 

基本の形「丸」を使って

簡単で可愛いイラストを

描いてみましょう。

今回は

丸い形を使って

色々な動物を描いていきます!

 

●●●●●●●●●●●●●●

まずは丸を描きます

綺麗な丸じゃなくて大丈夫です!

ちょっと歪んだ感じがまた、ゆるくて可愛い雰囲気を出してくれます。

次に目を描きます

点をふたつ。簡単です。

次は鼻と口

鼻は逆三角▽にします。

 

その下には

「人」の字のように

線を引いて・・・

UMAREイラスト

さて。ここから色々な動物にしていきましょう。

 

まずは

長細い耳を描き加えてみましょう。

ウサギの完成です

では一度耳を消して。

今度は長細い耳ではなく、

丸い耳を描きます。

クマになりました

ちなみに顔はウサギから変わっていません。

 

 

次は

クマの目の周りを、黒く塗ってみます。

耳も黒く塗りましょう。

クマは・・・

パンダに変化しました

 

 

はい。またクマに戻ります。

次は

クマをカエル

変身させたいと思います。

 

目の位置を少し変えます!

 

クマの耳の所に

目を描いちゃいます。

 

あと、目と口の位置も

変えちゃいましょう。

クマのおでこの辺りに

鼻と口を描きます。

鼻は逆「ハの字」、口は「V」です。

・・・んんん。

クマの鼻と口が残ったままだと

コワイので・・・

消しましょう。

はい。カエルの完成です

またまたクマに戻ります。

次はクマの耳を大きくしちゃいましょう!

ひげを描きます。

口からは、前歯を出しちゃいます。

ネズミです~

 

 

クマからの変化はこの辺で。

 

次は・・・

 

丸と、目、鼻を

描いただけの原型に戻りますね。

 

耳はまだ描いていない状態。

今度は三角の耳にします。

ひげを描けば・・・

ネコの完成

 

 

今度は

ネコから変身せさてみます。

 

ネコの口の端を

ぐぐぐーーーっとカーブさせながら

鼻の横に繋げちゃいましょう。

 

あとは、顔の周りをぐるっと、

波うつように囲みます。

ライオン!

牙も描くと強い感じが出ます。

 

 

さあもう一度、耳の無い原型に戻ります。

今度は耳を真横につけましょう。

 

鼻は

「V」の形にします。

 

おまけに

おでこの辺りにカモメのような波線を描くと・・・

サルです

ちなみに、サルは鼻の下を若干長めに描くと

雰囲気でます。

 

このようにして、同じような形から、

色んな動物イラストが

描けるのです。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

リアルに動物を描こうとすれば、

もっと違いがはっきりと出てしまうので、

難しくなるかと思いますが、

簡単なイラストの場合は、

何となくその動物の特徴が出ていれば

それらしく見えるのです。

topimg

丸い形からは、

もっと色々な動物が描けます。

例えば・・・

 

小鳥とか。

ハリネズミとか

ゾウとか。

どれも単純な描き方です。

●●●●●●●●●●●●●●

何が言いたいかというと、

全然違う種類の動物も、

見方によってはこんなに簡単に、

しかも似たような描き方で描けちゃうよ。

ということ。

 

でも今回ご紹介した描き方は

「こんな描き方もできるよ!!」という

ごく一部を紹介しただけなので、

クマはこう描かなきゃいけない、とか

ライオンはこうしなきゃ、とか

決まりはありません。

同じ動物でも

色んな描き方があります。

特徴を捉えるコツがわかると、

描きたいものを自由に描けるようになるので、

色々研究してみましょう^^

●●●●●●●●●●●●●●●●●●

○△□の形を使って描いてみよう  簡単イラスト(花編)  簡単イラスト(葉っぱ編)  塗り方で印象を変えよう  影を入れる場所  影の描き方アレンジ編  キャラクター作り  色選び買うべき6色  透明を描こう(水滴編)  透明を描こう(半透明の花びら編)  透明を描こう(花瓶編)  雲の配置  バランスの良い構図  奥行きのあるイラストの描き方  現実にはありえない不思議な構図

←お絵かき講座一覧